賢いリロケーション

最近巷で流行している「リロケーション」という用語があります。通常、特定の物件を賃貸契約し、そこに移住する際には主に不動産業者が提示した大家さんが経営する物件に入居します。 ここで登場する大家さんは、通常その物件をまるごと購入し、それを賃貸物件として部屋の数だけ借主に貸し出しています。 リロケーションの場合は、この大家さんにあたる存在が、もともとその部屋を購入していた方です。 マンション経営会社がマンションの一室を賃貸に出す事を「分譲賃貸」と言います。リロケーションの場合は、一室を既に購入していた一般の方が、賃貸管理業者を経由して賃貸物件として貸し出す事を言います。 そんなリロケーションを利用する際には、通常個人間での取引を行う事が出来ず、賃貸管理業者を通して、物件の貸し借りを行う事が出来ますが、この業者の選定を間違えると散々な目にあってしまいます。

リロケーションに限定した話ではありませんが、管理業者を選ぶ際には、その業者の仕事振りをしっかりと精査する必要があります。 例えば業者の事務所に行った時のスタッフの対応の仕方や、紹介された物件の品質なども参考になります。 特に物件を紹介する際に、大家さんや業者の意向に沿った一方的な押し付け型の紹介ではなく、借主のニーズに合った良質な物件を紹介してくれるか否かという事も、良い賃貸管理業者を見極める上で重要なポイントです。

業者の中には、物件の修理工事や、クライアントへの対応を非常に杜撰に行うところもあるので、業者の見極めがリロケーションを成功させる鍵になっていると言っても過言ではありません。限度金額も高めなのが特徴です。そのほかに、住宅販売業者と金融機関との提携ローンや、職場で独自に行っている社内融資などもあります。